組織課題で生産性アップ|会社や社員の成長に繋げる

レディー

システムを導入する

計算する人

従業員は、出退勤の時間を残すために、タイムカードを入力します。入力することによって、働いた時間や休んだ日などを把握することができ、適した給料を支払うことができます。締日になるとその月分のタイムカードを回収して、申請を行う作業をします。出勤した日数や時間帯などの集計を行いますが、担当者が行うとなるとかなり時間がかかります。また、その担当者にかなり負担をかけてしまうことがあります。業務による負担を軽減するためにも、勤怠管理システムを導入しておくと良いでしょう。勤怠管理システムを導入することで、締日になると担当者が行う業務の負担を軽減させることができます。また、申請を行う際には、ミスや漏れを防ぐことにも繋がります。

勤怠管理システムには、クラウド型のものがあります。クラウド型の勤怠管理システムは、勤怠データをリアルタイムで把握することができ、申請の誤りを把握することができます。また、残業時間が増加している従業員がいれば、前もって面談を設けられ、適した指導を行えるでしょう。また、クラウド型の勤怠管理システムは、出退勤時間を自動的に修正することができません。そのため、不自然な記録を未然に防げるでしょう。修正を行うとなると、申請や承認を行わないとできないといえます。さらに、修正した後は履歴が残るので、不自然なものがあれば誰が行ったのか調べられます。その他にも、クラウド型の勤怠管理システムは、なりすまし打刻、行列の解消など様々なメリットが得られるでしょう。