組織課題で生産性アップ|会社や社員の成長に繋げる

レディー

働きやすい環境

男性と女性

強いストレスがあると、精神的疾患を発症しやすくなります。精神的疾患は、知らない間にストレスが溜まってしまい、うつ病になってしまいます。うつ病になりやすい人の特徴としては、何事にも真面目で仕事を優先してしまう方が引き起こしやすいといえます。そのため、ストレスで疲れ切ってしまい精神的な病気になってしまいます。中にはうつ病や精神的な疲労で自殺をしてしまう方も少なくありません。そういったトラブルを防ぐためにもストレスチェックを行いましょう。ストレスチェックは、労働安全衛生法によって企業は義務的に導入しなくてはいけません。ストレスチェックを導入することで、自分自身だけでなく働く社員の心身にかかる負担を軽減することができるでしょう。ストレスを軽減することによって、モチベーションを高く持つことができ、働きやすい環境に整えることができます。

ストレスチェックを行った際には、社員の中には高ストレス者がいることもあります。そうなると、社内でメンタル予備軍や耐久性が低い人としてレッテルが貼られてしまうこともあるでしょう。そのため、社員としては差別を受けるのではないかと不安に思われる方もいます。ですが、ストレスチェックは情報が洩れるということがないので、他の社員に気づかれることはありません。また、高ストレスを改善するためには、面接を希望すると良いでしょう。面接を行くことでアドバイスがもらえることによって、ストレスを軽減させることができるでしょう。ストレスチェックを行って、社員の精神的な負担を抑えてあげましょう。